FC2ブログ

そうだ、ハイエースで行こう!mugio brog

 ~ハイエースDIYとテキトーアウトドアのお出かけ日記~

タイヤ空気圧センサー♪

やっと夏タイヤに交換しましたよ~

先日までスタッドレス履いたままでした。
GWのお出かけにこのままじゃ・・・

何とか半日お休みを作ってタイヤ交換です。

その時に空気圧を管理するセンサーも装着してみました!

昨年末に購入したものなんですが、どうせならタイヤ交換の時に付けようと大事に保管してたものです。


実は過去に一度だけパンクしちゃったことがあります。

その時の記事はこちら↓
<大当たり!初パンクです…>

リヤタイヤだったのですが意外とペッチャンコになるまでわからなかったです。
わかった時は車を停める場所がなかなか見つからず結構走ってました。
もっと早く気付けばいろいろ対処できたのですが・・・

フロントタイヤだったらお尻の下なので早く気付いたかもしれませんね?

DSCN0543.jpg
TPMS ソーラーワイヤレス タイヤ空気圧モニタリングシステム

Amazonのタイムセールで5397円でした。

類似商品がいっぱい販売されていますね。
評価がよかった中から適当に選びました。

空気圧センサーはAirmni(エアモニ)が有名ですがちょっとお高いので手が出ませんでしたよ。
初めて使ってみるのでお試しということで今回は安物にしてみました。

はたしてちゃんと使えるのだろうか・・・!?

DSCN0545.jpg
値段の割にはしっかりした作りです。

電源は本体のソーラーなのでめんどくさい配線はいらなですね。

DSCN0546.jpg
USBからの充電もできるようです。
使ってらっしゃる方の口コミではソーラーだけで充分とのことです。

DSCN0548.jpg
DSCN0549.jpg
タイヤに付けるセンサーは思ったよりデカいかも?
中にボタン電池(CR1632)が入っているのでしょうがないですね・・・

四角いプラスチックの部品はセンサーのカバーを開けるツールです。

DSCN0551.jpg
さっそく取り付け~ すごく簡単でした。

① まずはナットを付けます。

DSCN0553.jpg
② その後センサーをいっぱいまで締め付けます。
  途中若干エア漏れしますがギュっと締めちゃえば漏れなくなります。

③ロックナットを専用のスパナでセンサー側に締め付けます。

以上

DSCN0557.jpg
さっそく電源オン!

でも少し走行してみますが全然反応しません。

あれ?操作は特に無いはずですが・・・・

いろいろイジッみても全く反応なしです。(´・_・`)

やっちまったか!・・・また安物買いの銭失いなのか!
これだからこの手の無名商品は怖いよ~



でもね、

原因はセンサーの電池切れだったようです。
4個すべて交換したらちゃんと反応してくれました。 ヨカッタ

DSCN0561.jpg
空気圧は若干高め(+0.1ber)に表示されました。
これくらいは許容範囲ではないかと思います。

タイヤの温度も表示されますね。

DSCN0559.jpg
上限&下限を設定することができます。
範囲外になるとピ~ッと鳴りますよ。

表示画面は振動がないと20秒くらいで消えます。
車が動きだすとまた表示されます。

なので普段の操作はとくに何もしなくていいですね。

DSCN0571.jpg
ちなみにマニュアルは全部英語ですよん。w( ̄o ̄)w

DSCN0554.jpg
近くで見るとセンサーがちょっと気になります。

DSCN0568.jpg
DSCN0570.jpg
離れて見ればそんなに気にならないか~って感じです。
ホイールが黒かったので目立たなかったようです。

この後、お出かけで走ってみましたがタイヤ温度が上がると空気圧も高く表示されます。
実際はほんとに空気圧が高くなったのかは確認していません。

私の場合はどちらかというとパンクとかで空気圧が下がった時にチェックできればいいと思っています。


それにしてもこの商品はコスパ高いですね!

ただセンサーが1個だけ壊れた場合とか・・・
多分部品では購入が難しいと思うので全部買い換えですかね?
というよりそのほうが安いのでは?(笑)

長距離ドライブの多いキャンピングカーにはお勧めアイテムですよ。


ところでGWのお出かけですが、
今日中に仕事が終われば今晩から出発しようかと思います。
天気がちょっと心配で~す。(#^.^#)
[ 2018/05/02 10:15 ] ハイエースDIY その他 | TB(0) | CM(8)

テレビの12V化!してみました。

うちのツワーズワイドはナビとは別に13.3インチのテレビを付けてます。
車内でまったりとしてる時ににテレビは欠かせませんよね。

走行中やセカンドシートが前向きの時はナビ経由でフリップダウンモニターを使用しています。
でもこの場合は操作が運転席になるのでREVOシートを後ろ向きにした時ちょっと不便なんですよね。
それで13.3インチテレビを付けて使い分けています。

関連記事↓
テレビスタンドの制作です
後部座席にテレビです
メインサブ切り替えリレー

DSC_0296.jpg
DVD内臓の13.3インチのポータブルテレビです。
<JAPAN HP-133DTV-BK >

残念ながらすでに生産中止になっているようです。
というよりメーカー自体がもう無いみたいですね。

CIMG8653.jpg
CIMG8654.jpg
ポータブルって言っても家庭用テレビですからコンセントがいります。
今まではインバーターにつないで100Vで使っていました。

でもコードのコンバーターをよく見ると・・・
INはAC100VでもOUTはDC12Vって書いてあります。
テレビ自体は12Vのサブバッテリーの電源が使えるってことなんですね。

実はこのテレビのバッテリー直付けはけっこうやっている方がいますよ。
私のキャンカー仲間さんにも何人かいます。

ただすべてのテレビの入力がDC12Vというわけではないので確認が必要です。

DSC_0306.jpg
配線はこんなふうに作ってみました。
シガライターとコネクターは部品で手にはいりました。
コネクターの後ろから出ている短いコードはアンテナのブースター用です。

DSC_0302.jpg
今回テレビ用のアンテナにシャークアンテナを買ってみました。
ブースター内臓なので付属のアンテナよりは感度がいいです。
それに一応防水なので車外にも取り付けられます。

DSC_0305.jpg
アンテナの接続には端子の形状が違うので変換端子を使用しました。
テレビ側は家庭で一般的なF型、シャークアンテナはSMAという端子でした。
変換カプラはAmazonで266円なり・・・

CIMG8295.jpg
DSC_0308.jpg
テレビの後ろにまとめてあるコードはシャークアンテナのものです。
すんごい長いです・・・

CIMG8666.jpg
CIMG8690.jpg
使用するときは運転席から外に出して天井にマグネットで張り付けます。

CIMG8681.jpg
使わないときは車内に置いておきます。
使用頻度は少ないですからね、常設にはしないです。


次に電源側ですがそのままバッテリーに繋ぐわけにはいけません。
車のバッテリーって基本12Vなんですが実際は11~14Vぐらい変動しています。

そんなのテレビに繋いだらすぐに壊れてしまいますよね。

12Vrimi.png
それでこんなのを使用してみました。
降圧型のDC-DCコンバーターです。

これはあらかじめ設定された電圧以上にはならないようにしてくれる優れものです。
これもAmazonで1800円でした。

基盤むき出しなら同じようなものがもっと安く出ています。
ケース付ということでこれにしました。 アクリルケース分が1000円くらい?(笑)

ちなみにこの手のパーツは玄人向けでマニュアルはあてになりません。
ほとんどが大陸製でアタリハズレもけっこうあります。

過去にも同じようなパーツを買ってハンダ不良なんかもありました。
こういうもんだと割り切って注文しましょう・・・

DSC_0262.jpg
マニュアルがなかったので試行錯誤して設定をしました。

最初にデジタル表示が実際の電圧と誤差が無いようテスターと同じ表示になるよう調整します。
その後に降圧される電圧(12V)を設定します。

サブバッテリーからの入力が13.1Vでしたが12Vまで電圧を下げることができました。

DSC_0261.jpg
エンジンを始動すると入力電圧が14.1Vまで上がりました。
その場合12Vまで下がるのに少しタイムラグがあるようです。

バッテリーの電圧が変動するようなエンジン始動時には使わない方がいいようですね。

DSC_0264.jpg
取り付け場所はサードシートの下にあるシガライターソケットにしました。

このソケットは元々ポータブル冷蔵庫用にオプションで付けてもらいました。
でも奥の方にあり使い勝手が悪いので今は別の場所に増設したため使っていませんでした。

ちょうどテレビの下に位置になるんですよね~

DSC_0272.jpg
DSC_0267.jpg
本体をサードシートの下にマジックテープで固定しました。
配線をソケットのスイッチとバッテリーの間に割り込ませます。

DSC_0271.jpg
これでこのシガライターソケットだけは12Vリミッターがかかるようになりました。

入出力電圧が側面のボタンを押せば表示されます。
サブバッテリーの電圧計にもなりますね。

CIMG8678.jpg
さっそく電源お~ん! ちゃんと映りましたよ~

これでインバーターを使用せずに済みますのでサブバッテリーに優しくなりました。
今まではDC12VをAC100Vに変換してそれをまたDC12Vにしてたんですから・・・
かなり無駄なことをやっていました。

CIMG8672.jpg
このテレビはフルセグとワンセグの自動切り替えができます。
車のナビでは当たり前のことですが家庭用ではあまりワンセグ対応って少ないですよね。

車内で使うのはワンセグ付きはありがたいですよ。

シャークアンテナとの組み合わせでカーナビと同じくらい映ります。

CIMG8658.jpg
ちなみにこれはテレビに付属していたアンテナです。
まったく使い物になりませんでした。

やっぱりブースターの効果でしょか?
シャークアンテナも電源外すとほとんど映らなくなります。

今回のテレビ12V化は前にも述べましたが他にもやっている方もおられます。
でもこんな作業をビルダーさんにお願いしても100%断られます。

テレビを壊すリスクもありますから・・・
マネする方はもちろん自己責任でお願いします。

実はこの電源直付けは1年くらい前にやってました。
今まではテレビの電源線にコンバーター取り付けてシートの下に転がしていたのですが、
今回配線をやり直してみました。

やっと完成できたのでブログに書いてみした。

テレビも壊れずにちゃんと使えてますよ。 p(*^-^*)q

以上、テレビの快適化でした。
[ 2017/12/02 22:37 ] ハイエースDIY その他 | TB(0) | CM(6)

バッテリー交換しました。

今年は2回目の車検をすませました。

早いものですね、もう購入してから4年もたっちゃったんですね。

私はいつも2回目の車検でバッテリーを交換しています。
普通乗用車なら5年目ですね。

8ナンバーのキャンピングカーの場合は1回目の車検が2年なので今年で4年目ということになります。

バッテリーもメインの他にサブもありますがいい機会だったのでどっちも交換しました。

まだまだどちらも元気そうです。 でもやっぱり4年前より弱ってるはず・・・
早めに交換していた方がいいですね。

DSC_0007.jpg
メインバッテリーはBOSCH PSR-85D26Rです。
車検の時に注文しておいたので整備工場おすすめのものにしました。

ノーマルは80D26Rだったので若干グレードアップですかね?

DSC_0009.jpg
これがね・・・奥まったところにあってほんと交換しずらいですね。
ちょっと腰にきそうです。(笑)

バッテリーのプラス端子から出ているコードはサブバッテリーにつながっています。
四角い箱はヒューズBOXです。


DSC_0131.jpg
サブバッテリーの方は?
ブライトスター製のSMF 27MS-730が付いていました。

4年使っていませすが今までバッテリーあがりもなくまだまだ使えそうです。

もったいないので何か工作で使いたいと思ってます。


じゃ、次のバッテリーは何にしようかな~?

先日のキャンピングカーショーでワンゲインさんが出店されていました。
いろいろ相談すると勧められたのはG&YuのG’CLE27CPでした。

SMF 27MS-730の後継になります。

そういえばG&Yuの発売元(株)ナカノのHPにはSMF 27MS-730が載っていないですね。
廃盤になっちゃったんですかね?
でもまだまだ流通はしているようです。

キャンピングカーショーでは新型のG’CLE27CPもSMF 27MS-730もどちらも15000円でした。

ブライトスターは正規代理店のバスケスコーポレーションから販売されています。
ちなみに17500円でした。

他にも互換性のあるアトラス製のDS27MFは12960円で販売されてます。

安心できるのはG&Yuかな・・・それとも調子の良かったブライトスターで同じやつを・・・


でもG&YuのG’CLE27CPって高い充電電圧が必要なんですね。
ワンゲインさんは問題ないです!とおっしゃってましたが・・・

<SMFシリーズについて バスケスコーポレーションさんのHPより抜粋>
Delcoのボイジャーのように高い充電電圧を必要としませんので、走行中の充電はもちろん、画像のような一般に広く流通している普通の充電器での充電が可能ですので、その後の使い勝手にメリットがあります・・・

ちなみにボイジャーとG’CLE27CPは同じのようです。
この話はbankerkonさんのブログに興味深い内容が書かれています。

banさんの記事はこちら↓
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2016-11-06

それにしても充電するのに15.5~16Vほどの電圧が必要になり走行充電ではつらいですよね。

ソーラーパネルがメインならちゃんと充電できるかもしれませんが・・・

私の場合走っている時は走行充電、止まっている時はソーラーパネル充電と考えています。
このあたりの話はまた後日ブログに書きたいと思ってます。


DSC_0132.jpg
で結局これにしました。

G&Yu SMF 31MS-850(17120円)

27MS-730と比べると同じG&Yuでは2000円くらい高いですがブライトスターでは同じくらいの価格です。

容量は105Ahから115Ahにちょっとだけアップですよ。(*^^*)


ディープサイクルバッテリーは使い切っちゃってそのままにしておくと性能が落ちます。
つまり使ったらすぐ充電しましょう!ってことです。

電子レンジや冷蔵庫を装備してバッテリーを増やしている方もいらっしゃると思いますが、
その分充電時間もたくさん必要となります。
使い過ぎには注意です。

装備にあったバッテリーとそれにあった充電システムが重要ですね。

新しいバッテリーもまた大事に使って長持ちさせたいと思います。


DSC_0133.jpg
サイズは若干大きくなりました。(長さで約20mm、幅は約2mmほど※実寸値)

DSC_0135.jpg
OMCツワーズワイドはサードシートの下にサブバがあります。
バッテリーは三角コーナーで抑えてあるだけです。

DSC_0137.jpg
三角コーナーの位置をずらして取り付けました。

これだけでも安定してますが今度バンドで固定をしようかなと思ってます。

DSC_0141.jpg
問題はターミナルの位置の違いです。
配線の長さが全然かわっちゃうんですよね。

配線の取り回しを変えて何とか配接続を完了しました。

これで車中泊もさらに快適になったかな?

最近、電装周りをいろいろいじったので次回これらをまとめてブログに書きたいと思ってます。(*^^*)

FFヒーターのその後・・・対策完了かな?

いろいろトラブルのあったFFヒーターですが先日無事問題解決しました。

もう夏だと言うのに~
季節感のない内容ですいません・・・( ^ ^;

以下整備記録として書きましたのでFFヒーターに興味ない方はつまらない内容です。

過去記事はこちら↓
http://tantan38.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
http://tantan38.blog.fc2.com/blog-entry-204.html

OMCさんから再度対策パーツを送ってもらいました。

トラブルの原因ははっきりしているのでこちらで対応します・・・
ということでいろいろ作ってみました。

CIMG3769.jpg
FFヒーター横の板を一から作り直してみました。

CIMG3846.jpg
CIMG3847.jpg
吸気側に大きな穴を空けステンレスダクトを付け、
送風側にはバベスト純正の送風口を取り付けました。
ちなみにステンレスダクトはロータスRVさんで購入です。
送風口はOMCさんからいただきました。

CIMG3852.jpg
車内に取り付けてみました。
板のサイズは若干大きくなってます。

CIMG3848.jpg
ちなみに最初はこんな感じ・・・
空気の流れはかなり良くなったと思います。

CIMG3858.jpg
実際FFヒーターをONすると温風はこのあたりにきます。
今までは足元がモヤッって暖かくなる感じで・・・
温風は感じられませんでしたからね。

ちなみに送風口は回転させると向きが変わります。

CIMG3929.jpg
CIMG3926.jpg
せっかくなので天板も付けてみました。
メンテや掃除のため取り外せるようにしてます。

CIMG3933.jpg
普段はテーブルやベッドマットが上に収納されています。
過去にすき間から物を落としたことがあるんですが・・・
気づかずに使っていたらFFヒーターの上で溶けました。
これはその対策です。

CIMG3936.jpg
CIMG3938.jpg
とりあえず1時間ほどFFヒーターを動かしてみましたが問題ないようです。
これで温風をFFヒーター自体が吸い込むことがなくなったと思います。

この先トラブルなく使えると思うんですが、
今は夏だしせっかく作ったけど試せませ~ん。

北海道でならFF使えますかね? (#^.^#)

お帰りなさい・・・FFヒーター

オーバーホールに出していたFFヒーターがOMCさんから帰ってきました。

20160612_102916.jpg
オーバーホールはバベストさんでやってもらいました。
パッキンなども交換されていて復活ですね!

CIMG3474.jpg
OMCさんに行って取り付けてもらおうと思ってましたが・・・
なかなか行けそうにないのでやっぱり自分でやることになりました。

いつもの修理工場でリフトをお借りして作業です。
リフト上昇中に危うく天井をぶつけるとこでした。 あぶね~!

CIMG3484.jpg
CIMG3485.jpg
燃料ホースをつなぐチューブが欠品していたのでとりあえず適当なホースで代用・・・
正規品はOMCさんからまた送ってもらいます。

それにしてもちゃんと動作してくれるかな・・・??


20160612_104931.jpg
今回の故障は内部にカーボン(スス)が溜まってしまったための不完全燃焼・・・

FFヒーターの前後に板があるため送風口からでた熱風をFF自身が吸気してまったことです。
それにより本体の温度があがってしまいアラームで停止してしまいます。

急停止すると不完全燃焼がおこり燃料が内部に残ったりススが溜まったりと・・・


マニュアルによれば少し待ってから再度ONすると書いてあります。
それを何度も繰り返したため悪循環・・・

とうとう始動もしなくなってしまいました。


今回はさらにFFヒーターの温度センサーを取り付けたのも原因だったかもしれませんね。

センサーを付ける前はFFの温度が上がると適温になったと判断して送風状態になってから停止します。
また温度が下がると燃焼が始まります。

ツワーズワイドの構造上ベッド展開するとシートの上下で完全に部屋が分かれています。

ただFFヒーターを使うとベッド下ばかり暖かくなってしまいます。
それが適温だと勘違いしてすぐに停止するため車内全体がなかなか暖かくなりませんでした。

そのため温度センサーを取り付けたんですが車内全体がが暖かくなるまでFFが頑張って温風を出し続け・・・
本体がかなり高温になってしまいました。

結果としてアラーム停止・・・不完全燃焼・・・スス溜まる・・・となったわけです。

20160612_104940.jpg
けっこう高温だったらしく床がちょっと焦げていました。


とりあえず取り付けを完了させ動作確認しました。

問題なく始動してくれましたよ~ (*^-^*)

20160612_102959.jpg
OMCさんから対策パーツも送ってもらったのでそのうち交換したいと思います。
ちなみに最近のツワーズワイドはちゃんと対策されているようですね。


でもなぁ~もう夏だしな~
FFヒーターかぁ~ しばらくやる気がおこりませーん!!!


今回はついでにオイルとエレメントの交換もしておきました。

CIMG3471.jpg
先日取り付けたセンターコンソールです。
ちょっと心配だったんですがエンジンフードを開けても干渉なしでした。
よかった、よかった・・・(#^^#)

FFヒーターを取り外しました・・・

この前の日曜日にやっとスタッドレスタイヤを交換しましたよ!

やっとですよ!やっと!

いつものように世話になっている整備工場でリフトをお借りして作業したんですが・・・

他にもやりたかったことがありました。

それはFFヒーターの取り外しです。

DSC_0245 (400x300)
バベスト製 Air Top 2000です。

今年に入ってからどうも調子が悪く使っていると止まってしまいます。
最近はほとんど使えなくなってしまいました。

エラー内容は2回の点滅の後に5回の早い点滅・・・

取り説には2回の点滅(早い5回点滅は関係なし)は燃焼中に消炎と書いてあります。

対処方法は2秒まってから再度オン・・・

でもやっぱりダメ!

近頃FF使っていると排気パイプから黒いススがよく出てくる・・・
ススたまっちゃったかな?

とりあえずOMCさんに電話してみるススが溜まってるのでは?
バベストさんに送ってメンテナンスが必要ですね、とのことでした。

じゃまた今度お邪魔したときに取り外しお願いします・・・

で電話を切ったんですが、OMCさんに行くなんていつになることやら・・・


やっぱ自分で外しちゃいますか!

20160424_143729.jpg
シャーシ裏側から覗いてみます。

吸気パイプに排気パイプ、燃料ホースに配線はコネクターかぁ・・・
固定はナット4個ですね。

なんかできそうな気がしてきた。

とりあえず全部外してみます。

CIMG2867.jpg
裏側からナットを外したら車内から上に抜けました。
車内側は配線コネクターだけですね。
コネクターは奥の方にありますが手前の配線が固定してある板の部分を押せば外れます。

CIMG2868.jpg
CIMG2856.jpg
本体は意外と軽いんですね。

CIMG2859.jpg
CIMG2857.jpg
せっかくなのでカバー外してみました。

中ももバラしたくなってきたけど・・・
メーカーに出すとパッキンとかも交換してくれるんですかね?
壊すと高くつくので自分やるのはやめておきます。^_^;

20160424_152944.jpg
床に穴が空いちゃったのでテープでふさいでおきました。

しばらくこのままで走ることになりますね。
シャーシ裏のパイプやコネクターをビニールテープで保護し結束バンドで固定しておきました。
燃料ホースも電源が入らないと燃料が流れない構造になっているようですが先端をふさいでホースを固定です。

ちなみに排気パイプをエアーガンで吹いてみたら大量のススが出てきましたよ~

20160425_131003.jpg
先ほど梱包が終わりました。

明日にでもOMCさんに送っとこ~

取り付けはどうしましょうかね?
バベストのFFヒーターは取り付けは資格者しかやっちゃダメだとか・・・
でも一度取り付けたものを部品交換と考えれば個人でもいいんですかね?

これを口実にたまにはOMCさんに里帰りしちゃおうかな? (#^.^#)

セキュリティーシステムを付けました...

ツワーズワイドを購入してからすぐにやりたかったこと・・・

それはセキュリティーシステムを取り付けることでした。

でもこれ、面倒な作業でなかなかできなかったんですがやっと重い腰をあげてみました。



tounanritsu (500x340)
ハイエースの盗難ってほんとに多いらしいです。
知人も100系ハイエースですが何年か前にやられてしまいました。



1838f6598c (400x300)
盗まれた車はこんな風にされて海外に運ばれてまた活躍するとか・・・



135423_01 (284x400)

昔こんな映画ありましたよね~
高級車が瞬殺で盗まれてしまうやつ!
赤いフェラーリを盗むアンジョリーナ・ジョリーがめっちゃセクシーでした。

話がそれましたが私も車上荒らしを一度経験しています。
朝出勤するとき気が付いたらポータブルナビがなくなっていました。
まだポータブルが珍しかっところの時代でとても高かったのでショックでしたよ (T_T)

とくにキャンピングカーの場合の架装部分だけでもかなりの損害ですね。
それよりいろんなところを旅して思い出いっぱいの車ですから・・・
被害はそれ以上ですよね。
考えただけでもへこみます。

セキュリティーシステムといってもいろいろあります。
有名どころではVIPERとかCLIFFORDとかHONETとか・・・
それを専門店にお願いするとウン十万です。
やっぱり業者で施工してもらうとそれなりのノウハウでしっかりしたものになりますが
残念ながら自分にはそんなお金ありません...

というわけで試行錯誤しながらいつもDIYでやっています。


   mono35153824 (150x150)
ちなみに今まではこんなハンドルロックのみで対応していました。
monotaroハンドルロック、安っすいやつです。


IMG_4793 (400x300)
モザイクかかってます、セキュリティーですから...(^_^;)

IMG_4794 (400x300)
箱開けて配線見ただけでちょっと引いちゃいました。
やれるんかいな?


IMG_4811 (400x300)
はい、今回も内臓破裂状態です。
いつもより余計にばらしています!
これで何回目だろう・・・
インパネばらすのかなり早くなりました。 (^_^)v

すいません、施工途中の写真はありません。
基本配線や機器はすぐに手の届かないところをに取り付けました。
動作確認しながら少しずつ作業していったのでけっこう時間かかりましたよ。
週末2週にかけての作業です。

業者の方なら半日もあればチャッチャと終わっちゃうんでしょうね。


IMG_4863 (400x300)


1910_S.jpg1842_S.jpg


今回付属のLEDスキャナーは使いませんでした。
ダッシュボードの上でキラキラしてるのがなんか近所迷惑な感じです。
エーモンのパーツで自作です。

ほんとエーモンさんって何でも出していますね。
こんなんあるかな?って探してみるとあるんですよね~
エーモンさんエライ!


IMG_4870 (400x300)
取り付けはこんな感じです。

IMG_4866 (400x300)
これでも暗くなってからの点滅はけっこう目立ちます。
まるでウルトラマンのカラータイマーのようです...


さっそく最終動作確認をしました。
セキュリティーをONするとキュンキュンって教えてくれます。

お~なんかいい感じだぞ!

ショックセンサーの調整が面倒だったけど軽くたたいてキュンキュンキュン
思いっきリたたくと鳴りっぱなし!
けっこう音量デカイです。

セキュリティーONの状態でドアを開けると鳴りっぱなし!
あっ、でもこれ車中泊の時は要注意です。(^_^;)

今回セキュリティーを取り付けましたが盗難のプロ?にかかったらこれでもダメでしょうね?
でも何もしていないよりはマシ!だと思います。

みなさんはどんなセキュリティー対策してますか?



(おまけの話です)
まだ1月です。
外のガレージで作業を行いましたが激寒でした。
ほんと手がかじかんで圧着端子落とすし、ビニールテープ伸びないし・・・

今回一番活躍したのがコレです!

nictinen (343x400)

キャンプ用に買ったんですがこんな時に役にたつとは・・・

IMG_4813 (400x300)
ほんと買っといてよかったです。
配線作業の前に指先あっためて! ビニールテープもあっためて!

大活躍!

でもカセットボンベ1日1本使ってしまい怒られちゃいました・・・(^_^;)



<追記>
DSCN0567.jpg
その後LEDスキャナーをきっちり埋め込んでみました。
穴をあけて差し込んで裏からホットボンドで固定です。

ちょっとスッキリしたかな? (#^.^#)

メインサブ切り替えリレー ②

今回は過去に取り付けたパーツの紹介です。

DSC_0252 (300x400)
メインサブ切り替えリレーです。
これがあればナビの電源をメインバッテリーとサブバッテリーと切り替えて
使うことができます。
キャンプインジャパンさんで販売されています。

DSC_0241 (400x300)
わが家のツワーズワイドは後部座席にフィリップダウンモニターを付けているので
エンジン停止中にナビでTVやDVDなどを楽しんでいます。
別に13.3インチのテレビも積んでいますが車両のスピーカーから音が出るので
こっちの方がいいんですよね・・・


では説明です。
カーナビの取り付けができるのを前提でお話しします。

20131218_0abf5e (400x300)


setumeizu1 (600x298)

リレーから色分けされた4本の配線が出ています。

ループされている配線のコネクターを外して間にスイッチをとりつけます。
ナビ本体に電源OFFができれば必要ありませんがふつうナビにそんなスイッチ
なんて無いですよね・・・

図のとおりスイッチがOFFの時は車両ハーネスからACC電源をとりスイッチを
ONにするとサブバッテリーからACC電源が供給されます。
ですからキーがOFF時でもサブバッテリーでナビが使用できるわけです。

この接続方法ではナビの常時電源(+B)もサブバッテリーからとってるので
サブバがあがった時ナビのメモリーがリセットされてしまいます。

setumeizu2 (600x298)
このように配線すればナビのメモリーはメインバッテリーからになりますが
一般的にはこちらではなく上記の接続方法のようです。

ちなみにリレーのしくみはこちら↓
http://www.amon.co.jp/diy/index.php?diy_id=50&mode=contents&page=2#topic



kairozu (600x298)
回路図です。
これを見るとキーがOFF状態ではナビのACC側には常にサブバッテリーにつながり
スイッチを付けないとナビを切ることができません。
キーをACCにするとリレーのコイルの働きで車両ハーネス側のACCに切り替わります。


IMG_0336 (400x300)
取り付け作業です。
車両ハーネスからでている常時電源(+B)とACC電源をナビから切り離し
ACC電源のみリレーまで配線を延長させます。
車両ハーネスの常時電源は使わないのでビニールテープで絶縁します。

リレーは助手席足元かグローブボックスの裏あたりで固定できると思います。
あとは先ほどの図のとおりリレーの赤線にACC電源を繋ぎます。

私はこの車両ハーネスから引いてきたACC電源線をここで分岐させてETCや
ドライブレコーダーなど他のアクセサリー機器の電源をすべて助手席足元に
集中させています。

その他の配線はリレーからの黄線をナビのACCへ、青線をナビの常時電源に接続します。
フィリップダウンモニターもここから電源をとります。

配線の色が同じではナビの裏でわけがわからなくなるので配線を色分けすると
後ほど困らないと思います。
近くのホームセンターで5色くらいの配線が手に入ったのですべて色をかえました。

サブバッテリーからの配線をリレーの青線に接続します。
リレーからは青い線が2本ありますがオスメスとカプラが違うのでわかると思います。

サブバッテリーからの線はOMCさんがエンジンルームまで予備配線を通してくれていたので
この配線を使用しました。

リレーに付いてる配線のカプラが抜けやすく引っ張るとすぐとれちゃったのでけっきょく
カプラを全部付け直しました。

IMG_4520 (400x300)
スイッチは走行中OFFしていないといけないのでサブバで使用している時は青いランプが
光るものにしました。

場所は運転席から見えてなおかつ子供が用意に触れない場所ところ・・・
グローブボックスの下に取り付けましたが、失敗でした。

このスイッチが必要なのは後部座席にいる時なので手が届きませーん!
もう少し上がよかったです (^_^;)
ナビの付近かセンターコンソールあたりでもいいでしょう。

スイッチはキーがOFFの時に入り切りするのが基本ですがそのままエンジンをかけてしまった
ことが何度かあります。
一瞬電源が切れるのでナビにとってよくありませんが今のところ問題なく動作しています。
メモリーナビだからいいのかな?HDDナビではどうなんでしょうね?

市販のリレーを使えばもっと安くできると思いますがそれを探すのも面倒なので
これを買った方が早いですね。

私は出張ついでで長野の「かーいんてりあ高橋」さんまで直接買いにいきましたよ~
うちは家族はツワーズワイドの車内にいるのが大好きなのでけっこう使っています!

これってキャンピングカーのオプションでよくありますが・・・
こういう記事書くとビルダーさんの営業妨害にならないですかね?ってちょっと思います。 (^_^;)

以前OMCさんに打ち合わせでお邪魔した時に自分で取り付けます!って言ったら
工場の方が説明書をわざわざコピーしてくれました。

キャンピングカーってこういうDIYも楽しみの一つですから・・・いいんです!!
でも電気配線は間違って行うとショートさせて機器を壊してしまいますよね。
あくまでも自己責任ですよ~ ご安全に!

レクサス風ホーンに交換です

久しぶりのDIYです。
最近はパーツを買って満足しちゃってなかなか取り付けできていませーん。

今回は先日ヤフオクでポチったホーンの交換作業です。

IMG_3893 (400x300)
レクサスサウンドらしいホーン! 2580円(送料別)
箱から出すといかにも安っぽい・・・いや安かった。

IMG_3892 (400x300)
今回は思い切ってバンパー外しますよ!
まずグリルやヘッドライトに干渉しそうな場所に養生テープで保護します。

IMG_3896 (400x300)
グリルは上部のネジ2か所とクリップ3か所をはずします。
下部は爪がささっているだけなので前方に引っ張れば簡単にはずせます。

IMG_3899 (400x300)
次にステップを外します。
これもクリップ4個で固定されているのですべてはずします。
前方側はバンパーに爪がささっているので折らないようにはずします。

IMG_3904 (400x300)
バンパーにフォグランプやセンサーが付いています。
集中コネクターになっているので車体とバンパーが繋がっている配線はここだけ・・・
左ヘッドランプ横です。

IMG_3902 (400x300)
バンパーは正面にボルト3か所と上に1個と下に3個、サイド下に1個づつクリップがあります。
トヨタさんの黒いクリップは意外と固いので無傷ではずすのは難しいですよ (^_^;)
クリップ外しのツールは必至です。
両サイドは爪になっているのでベリッてはずせばバンパーはぶらんぶらんになります。

片側づつはずすのでここは二人作業がいいですね~

IMG_3905 (400x300)
はずれちゃいました。

IMG_3903 (400x300)
北海道から連れてきちゃった虫たち・・・
蜂や蛾やトンボなどなどたくさんいましたよ。

IMG_3910 (400x300)
ノーマルホーンです。 しょぼい・・・

IMG_3912 (400x300)
ノーマルと比較してみました。
そんなに大きさかわりませんねぇ、音色はどうでしょう?あまり期待しないほうが・・・

IMG_3911 (400x300)
今回購入したホーンはトヨタカプラ仕様なので配線加工はいらないです。
ポン付けです。

IMG_3914 (400x300)
取り付けはこんな感じ・・・
前方に向けるとバンパーに干渉するので後ろ向きにしました。

IMG_3939 (400x300)
ちょうどレクサスに乗っている人が来たのでサウンドを比べてみました。

なんと同じだ~
というよりレクサスってこんな音だったのね・・・


まぁ3000円ちょっとでしょぼいノーマルホーンから解放されるなら安い買い物かな?

今回バンパーを外したのは他にも作業があったからでバンパー下からでも頑張れば交換は可能だと思います。
でも配線加工はちょっと難しいかも・・・

しばらくはDIYネタ続きますよ (^_^)v
[ 2014/09/08 01:27 ] ハイエースDIY その他 | TB(0) | CM(6)

FFヒーター温度センサーの取り付け

これから暑くなるというのに・・・

先日の「夏の快適化」の記事とは逆行したお話です。

今までFFヒーターを使っていても車内がなかなか暖まらない・・・
FFは動作してもすぐ停止してしまう・・・
というような感じで何度も寒い思いをしました。

知り合いのみなさんはFF使うと暑いくらいだ~なんておっしゃいますが、
私のツワーズでFF使って暑い~なんて経験したことがない!
さぶくなる前になんとかせねば!!

IMG_2441 (400x300)
どうもツワーズワイドのようなシート下にFFヒーターが設置されていると
ベット展開したときベッド下のみが暖まってベッドの上まで温風がきません。

それでFFのまわりが暖まってくると勝手に切れちゃうみたいです(^_^;)

以前スキーに行ったときFFのまわりは28度でベッド上は17度・・・
容赦なくFFヒーターが切れました。

IMG_2405 (400x300)
IMG_2406 (400x300)
それでコレ注文してみました。
FFヒーターのオプション品で温度センサーです。
送料込で4800円ぐらい、高いのか安いのか・・・

IMG_2412 (400x300)
さっそく取り付けです。
センサーはFFのスイッチの配線に取り付けるのでとりあえずサイドのパネルをはがします。
意外といろんなもんが付いているのね・・・

IMG_2414 (400x300)
パネルの隙間から手を突っ込んでFFからきている配線を取り出します。

IMG_2415 (400x300)
配線に巻かれているテープをほどくと抵抗が出てきます。
スイッチからきて抵抗通ってUターンしてますね~黄色と青色の線です。

IMG_2423 (400x300)
IMG_2426 (400x300)
配線カット!抵抗を取ってしまいます。
FFのスイッチから来ている黄色と青色の線にセンサーの配線(白と茶)を直接繋ぎます。
極性はないのでどちらに繋いでもOKですよ。
収縮チューブで処理しました。

ほんとはカプラー接続なんですけどね・・・
ミニカプラーだったので端子をかしめる工具を持っていなかっただけです・・・

夕方涼しくなってからテストしてみます。
IMG_2420 (400x300)
FFヒーターを全開でONにします。
少したってからセンサーを温めてみるとFFヒーターが送風状態になりその後切れました。
よしよし!

IMG_2421 (400x300)
続いてセンサーを冷やしてみます。
5分くらいたってからFFヒーターがONされました。
センサーがちゃんと働いているようです。
よしよし!

IMG_2429 (400x300)
配線をまとめて元にもどします。
とりあえずセンサーはサイドテーブルの裏側に両面テープで貼っておきました。
配線は4mあるのでどこでも取り付けられますね。

でもOMCさんのオプション設定にはなかったけど、お仲間さんの車には付いていたな~
5000円くらいなら最初からほしかったかな~
後からでもカンタンに取り付けられますけど・・・

今年の冬は暖かかく眠れるかな?
まだまだ先の話ですね・・・

その前に夏の暑さ対策のほうをやらねばいけないんですけどね。
[ 2014/06/14 00:22 ] ハイエースDIY その他 | TB(0) | CM(9)
プロフィール

mugio

Author:mugio
むぎお と申します。
妻と3人娘の5人家族です。
わが家はお出かけが大好きです。
毎年キャンプもやってます。
キャンピングカーに興味をもって…いっぱい悩んでついにツワーズワイドを手に入れてしまいました。
今のうちに子供たちをいろんなところに連れてってあげた~い。
それでプログ初めてみました。
購入からお出かけ日記、ハイエースDIY&快適化などいろいろ思いついたこと書いていこうと思います。
(愛知県発)

最新トラックバック