そうだ、ハイエースで行こう!mugio brog

 ~ハイエースDIYとテキトーアウトドアのお出かけ日記~

ファンタスティック・ルーフベント♪

念願のルーフベントです。

これからの暑さに耐えきれずとうとう取り付ける決心をいたしました。
こだわり続けた2.1m制限を解除したいと思います。

うちみたいに5人家族でハイエースで車中泊なんて・・・熱気ムンムン!
これ付けたら今年の夏は快適に過ごせますかね?

IMG_0911 (コピー)
おっきな箱で送られてきました。
某オークションで安く手に入りました。
H4000R30W
外寸:420 X 420 X 130mm(開口寸:350 X 350mm)

ルーフベントっていえばマックスファンが有名ですが、
あえてこちらにした理由・・・

価格が安い・・・今回はマックスファンの半額くらいで購入できました。
構造がシンプル・・・壊れて直すのもDIYですから (^-^;
それにアフターパーツも充実していて簡単に手に入りそうです。

IMG_0912 (コピー)
IMG_0921 (コピー)
開梱しました。
説明書はもちろん英文でさっぱりわかりません。

IMG_0931 (コピー)
これ緩衝材かと思っていたらガスケットって説明書に書いてありました。
あぶない~捨てるとこでした・・・

IMG_0913 (コピー)
全開状態です。けっこう開きますね!

IMG_0914 (コピー)
右側のダイヤルぐるぐるでオープンします。
左側の手前が吸排気の切り替えスイッチで奥が3段階のファン調整スイッチです。

IMG_0915 (コピー)
側面から・・・

IMG_0926 (コピー)
前方カバーのヒンジの部分・・・

IMG_0927 (コピー)
下のハンドルをぐるぐる回すとこのアームでカバーを開閉させます。
ほんとシンプルな作りです。

IMG_0930 (コピー)
カバーが閉まるとこのスイッチを押してモーターが停止します。
全閉状態では回らないんですね。

IMG_0918 (コピー)
防虫網が付いてます。内側から外せます。
写真は上部から・・・

IMG_0922 (コピー)
これは天井内側から取り付ける枠です。ビス4本で固定します。

IMG_0941 (コピー)
4アンペアのヒューズが内臓されています。
吸気と排気の切り替えをすぐにやるとヒューズが飛ぶそうです。
予備ヒューズは積んでおいたほうがいいですね。

IMG_0934 (コピー)
いつもの試運転用シガライター電源コードにつないで動作チェックしてみました。

IMG_0936 (コピー)
3段階の3では思った以上の勢いです。
1か2でよさそうな感じです。

換気能力(3段階切替式)
高速:26m3/min 中速:18m3/min 低速:13m3/min

IMG_0938 (コピー)
スイッチポチっで止まります。

ファンタスティック・ルーフベントにはサーモ付(H5000RBT)やリモコン付もあります。
今回購入したのは一番シンプルなモデルです。

ただキャンピングカーとはいえ所詮換気扇・・・
換気扇ごときにウン万円なんて高くないですか~???

頑張って夏までには取り付けたいと思います。 !(^^)!
やれるかな~

ツインバックカメラ化! どんなふうに映るん?編

前回の続きです・・・

IMG_0632 (400x300)
ネットで買ったお値打ちなバックカメラと7インチモニターなんですが・・・
予算9000円ちょっとでどれだけ使えるか検証です。

モニター記事はこちら
バックカメラの記事はこちら


20150524_181613 (コピー)
昼間の映像です。
後方からハイエースがやってきました。
カメラを車内に付けたため画面下の方に熱線ヒーターのライン見えます。
ありゃりゃ、カーテンも若干映りこんでますね・・・

IMG_0505 (コピー)
もっと明るいときは後方の家具まで映っちゃってます・・・
でも最初は気になってたけど慣れるとさほど気にならなくなりました。

20150524_175825 (コピー)
20150524_175847 (コピー)
上から5メートル、10メートルでの後方の車です。
ルームミラーで見ているよりより遠くに感じます。


20150524_181948 (コピー)
20150524_181955 (コピー)
同じ位置でルームミラーとの比較です。
かなり手前まで確認できます。後ろの車がはっきりわかりますね・・・

IMG_0624 (コピー)
トンネルの中です。 明るいトンネルならよく見えますよ。

IMG_5846 (コピー)
街路灯がたくさんある夜間の幹線道路です。
夜間とはいえ周りも明るいので後ろの車の車種もわかります。まだ使える・・・

IMG_5844 (コピー)
交通量も減り周りが暗くなってきました。
ヘッドライトの明かりで車がいる!ぐらいしかわかりません。

ちなみに街路灯の無い路地では全く映りません・・・
最低照度0.04iuxのバックカメラに期待したんですが、やっぱダメですね。

IMG_5843 (コピー)
夜間の渋滞中はかなりうっとうしいです。
そういう時は電源OFFしちゃいます・・・

IMG_6099 (コピー)
最後に雨天時の場合です。
ガラスの水滴が・・・レインエックスでも塗っときゃいいかな??

モニターはサイドからはよく見えますが、なぜか斜め上からは見ずらいです。
なので画面を少し上向きにしてあります。
安い液晶ですからしょうがないですかね?
きっと大陸製だから当たりハズレもあるんでしょう。

バックカメラは最低照度0.04luxに期待したんですが普通でした。 (^^;)
やはり暗いとこでは話になりませーん。

視野角度170度のほうは2車線くらい見える感じで丁度いいです。

室内取り付けなので防水性はわかりませんが外に付けたらどうなんでしょう?


   c826b (コピー)
こんなのも気になってました。
赤外線LEDの暗視カメラです。
夜間暗くなったら白黒になって暗い場所でもよく見えるそうなんです。
気になります・・・誰か試してくれるとありがたいです・・・<(_ _)>


どちらも3年以上壊れずにもってくれればいいんですけどね~
[ 2015/05/25 00:48 ] ハイエースDIY 内装編 | TB(0) | CM(6)

ツインバックカメラ化! 取り付け編

お待たせしました(待ってないか・・・)、常時バックカメラのお話です。
忘れていたわけではありませんよ~

お出かけが続いてしまったのでなかなか書けませんでした。 <(_ _)>

前回のツインモニター化の続きだったんですが・・・かなり日にちがたってしまいましたね。 (^_^;)

モニターを追加したのは常にバックモニターが使えるようにしたかったわけで・・・
走行中にTVを見たかったわけではありませーん。

キャンピングカーは架装してあるのでルームミラーがほとんど使い物になりませんよね。
ツワーズワイドはまだルームミラーで後方が見える方ですがカーテン閉めたらもちろん何も見えません。

むかーし保冷車の4トントラックに乗っていた経験があります。
常時見えるバックモニターが高い位置に付いてて(もちろんバックする時に使うものです)
走行中もけっこう後方まで見えて便利だったんです。

ハイエースにもこれがほしかったんですよ~!


IMG_0949 (400x300)
     c856e (300x300)

今回購入したのはこれです。
ドライブワールド C856E  (購入価格3980円)

ほとんど明かりがないところでもOK、最低照度0.04luxとありますがほんとですかね・・・


c856e_2 (400x269)
防水防塵使用でコンパクトです。
鏡像機能もあるので上向き下向きどちらでも設置できます。

haisen22 (400x237)
配線図はこんな感じです。

追加モニターの入力は2系統あるのでAV2にバックカメラを接続します。
このモニターはバック信号もとれるのでモニターがOFFやAV1(TV見てるとき)でもリバースにすると
バックカメラに切り替わります。
安いモニターのくせに機能はすぐれもの・・・


IMG_4974 (400x296)
さっそく作業です。
モニター取り付けのときの続きですけどね~

ナビ裏から助手席側のAピラーを通して天井まで線を通します。
2つのRCA線(黄色いやつ)のうちの一つがバックカメラの線でもう一つはフリップダウンモニターです。

もうナビ裏は配線が飽和状態ですわ・・・


IMG_0900 (400x300)
配線を通すためカーテンレールとサイドの板をを外します。
天井を固定してるクリップを外して浮かせます。


IMG_0906 (400x300)
IMG_0907 (400x300)
天井のすき間を開けたら配線を押し込んでいきます。
配線のバタつきを抑えるため固定は配線止めシールを使用しました。

配線は2本通していきます。
バックカメラの映像線と電源線です。

通常カメラの電源はテールランプのバックランプからとるのが一般的ですよね?
でも今回は常時映すようにしたいのでアクセサリー電源に接続するため前まで通します。

アクセサリー電源はメインサブ切り替えリレーが助手席足元にあるのでそこのメイン側ACCにつなぎました。


IMG_0946 (400x300)
リヤゲートまできました。
ゴムの管の中を通してリヤゲート上部のカバーの中まで引き込みます。
カメラに6mのコードが付属されています。
ハイエースには丁度いい長さでした。


IMG_0632 (400x300)
今回は車内に取り付けました。

最初は中央に取り付けましたが熱線ヒーターの黒い線がモニターのど真ん中に映ってしまいます。
しかたなくリヤワイパーの右側に移動にしました。

本当は車外に付けた方がいいかもしれませんが・・・
そのためにはリヤゲートに穴を明けなければいけません。
OMCのお仲間さんでリヤゲートのブレーキランプから車外に配線を出している方もいましたよ。


IMG_0945 (400x300)
外からはさっぱりわかりません。

IMG_4988 (400x300)
カメラが小さいのでサンシェードも問題なく付きました。


IMG_0623 (400x300)
バックカメラの映像です。
モニターも見やすい位置なので使いやすいです。

最近はいつも映しっぱなしになってます。
使ってみるとほんと便利だと思います。



バックカメラの感想は・・・普通ですかね~
メーカーものでは1万円くらいしちゃうので値段のわりにいいかも?

モニターは値段相応の液晶なので同じ機能でもっとキレイに映るものがあればなぁ~
まぁ、1万円以下のモニターは同じようなもんじゃないかと思います。


次回はモニターの映像ををレポートしたいと思います。


ちなみに・・・

モニターが4980円、バックカメラ3980円、ビデオ2分配ケーブル457円
しめて9417円でした~ (^_^)v



他にも私のツワーズワイドはハイエースのメーカーオプションのバックカメラが付いてます。
JP-BC7Hi_I06.jpg

これナビに比べモニターサイズが小さいですがとても見やすいです。

AUTOに設定すると逆光でもよく見えるし、エンジンかけた直後にバックする時も
すぐ映してくれるのでナビの起動を待たなくてもすみます。

ハイエースのオプションの中でもオススメです!!!
プロフィール

mugio

Author:mugio
むぎお と申します。
妻と3人娘の5人家族です。
わが家はお出かけが大好きです。
毎年キャンプもやってます。
キャンピングカーに興味をもって…いっぱい悩んでついにツワーズワイドを手に入れてしまいました。
今のうちに子供たちをいろんなところに連れてってあげた~い。
それでプログ初めてみました。
購入からお出かけ日記、ハイエースDIY&快適化などいろいろ思いついたこと書いていこうと思います。
(愛知県発)

最新トラックバック