そうだ、ハイエースで行こう!mugio brog

 ~ハイエースDIYとテキトーアウトドアのお出かけ日記~

ソーラーパネル取り付けました! ②

パネルの取り付けまでは勢いでやってしまいましたが、
なかなかできなかった配線の作業の続きです。

IMG_1194 (コピー)
ソーラーチャージコントローラーです。
未来舎 POWER TITE PV-1212D 1A

他にも海外ブランドでもっと安くて高機能のものがあるようですが
キャンピングカー仲間の多くがこれを使用しているので同じものを購入です。
困ったときはいろいろ相談できますしね・・・(^^;)

IMG_1198 (コピー)
取り扱い説明書です。読んでもわからないところが・・・
なんとなく初期設定のままいけそうですが、難しいことは後まわしにしておきます。


IMG_1027 (コピー)
購入した延長ケーブルは5mです。
カプラーには極性があるのでケーブルの両端にビニールテープで目印を付けておきましょう。

IMG_1209 (コピー)
前回の作業でパネルとケーブルの接続まではすでに終わっていました。

IMG_1045 (コピー)
天井からテールランプのところまでケーブルを通します。
これもルーフベントの取り付けのさい一緒にやっておいた作業です。

その後はボディーと内貼りの間を通してサブバッテリーのほうへ引き込んでいきます。
架装された家具があるのでけっこう大変です。(>_<)

IMG_1095 (コピー)
右側収納BOXの中です。
目立たないよう元々あった配線のところに穴をあけてそこから車内に引き込みました。

サブバッテリーまであと40cmくらい・・・
頑張ってボディーと内貼りの間を通してきましたがここまでが限界でした。

IMG_1094 (コピー)
収納BOXからサードシート下へ通します。
延長ケーブル5mで長さピッタリでした!

IMG_1220.jpg
インバーター、外部充電器などの位置をずらして位置決めをしていきます。
コントローラーの取り付け場所がなんとか確保できました。

IMG_1226.jpg
とりあえず仮配線してみます。
配線はソーラーから2本とサブバへ2本のみです。

サブバへの線は3sqの配線とバッテリーにつなぐ丸形端子を用意しました。

IMG_1289.jpg
コントローラーを固定してやっと終わりました。

サードシートの下ですが納車時は何も付いてませんでした。
今はずいぶん狭くなってきましたね~ もういっぱいいっぱいです。

IMG_1280.jpg
配線を接続したらすぐコントローラーが動作しはじめましたよ~

でも常にBULK CHARGE・・・
バッテリーが満充電状態では充電されないんですね。

作業中にルーフベントを使っていましたがあまり電気を消費しないようで
ソーラーの出番はほとんどナシでした。

IMG_1305.jpg

今回は何とか予定していた予算5万円以内に収めることができました。
でもこれだけ投資した分ちゃんと活躍してくれるんでしょうかねぇ??

ポータブル冷蔵庫で飲み物いっぱい冷やして~
どこかにお出かけしてソーラーのありがたみを味わってみたいと思います。(^_^)v
[ 2015/06/26 22:41 ] ハイエースDIY 外装編 | TB(0) | CM(6)

ソーラーパネル取り付けました! ①

今回はソーラーパネルの取り付けです。

まさかソーラーを装備するなんて思いもよりませんでした。
私のツワーズワイドはサブバッテリーもシングルでインバーターは350W・・・
冷蔵庫もポータブルで電子レンジもありません。

さほど電気を使わない車だったのですが、一度夜中にFFヒーターが止まったことがあります。
その日は冷蔵庫を1日中稼働していて寝る前にOFFしなかったのが原因です。

ソーラー付けてたらそんなことにならなかったかも??
ちょっとほしいなぁ~って思ったことがあります。

今までソーラーパネルだけで2.1m超えるのはいやでした。
でもルーフベントを取り付けるのでそれも気にしなくてよいわけです。

もう付けない理由がなくなりましたね。
そんなノリでいっちゃいましょう!

IMG_1012 (コピー)
届いてましたよ。
ママもびっくり!大きな荷物が・・・
通販で購入した時は奥様にはちゃんと連絡しておきましょうね。

IMG_1014 (コピー)
IMG_1015 (コピー)
100Wのパネル(AT-ME100E)です。
蓄電システム,COMさんで購入です。

100Wのパネルって1200mm×500mmぐらいのサイズがやたらと多いのはなぜですかね?
なるべく正方形に近いのを探していたらここで見つけました。

IMG_1016 (コピー)
975mm×670mmで重量も8.7Kgと比較的軽量です。
中国製ですが蓄電システムさんのオリジナル商品のようです。

今回の予算(5万円)では国産メーカーは買えそうにありません・・・(>_<)

IMG_1017 (コピー)
IMG_1018 (コピー)
裏側です。
逆流防止ダイオードがついてます。

IMG_1027 (コピー)
他にも5Mの延長ケーブルをこちらで注文しました。

IMG_1021 (コピー)
取り付けブラケットです。
こちらはニュージャパンヨットさんで購入しました。
ステンレスのボルト・ナットも付属されています。
値段は3500円とちょっとお高い気もしましたがアルミのアングルで自作しても
材料費が2000円くらいかかっちゃいそうなので作る手間を考えたら・・・買っちゃえ。

IMG_1193 (コピー)
こちらはミゼットベンチレーターというものです。
通気口や配線の取り入れ口に使えるそうで、これもニュージャパンヨットさんで購入です。

これはOMCのお仲間さんから教えてもらいました。



ではさっそくやっつけちゃいましょう・・・
IMG_1115 (コピー)
天気もよかったので庭でゆっくり作業しました。
パネルにブラケットを付ける穴をあけていきます。

IMG_1136 (コピー)
ブラケットを取り付けます。
ナットが緩まないようネジ止めが塗ってあります。
ケーブルはボディーに接触しないよう金具で枠の内側に固定しておきました。

IMG_1134 (コピー)
屋根にタオルを置いてまず仮置きです。

IMG_1042 (コピー)
車両側からの延長ケーブルと接続します。
前回のルーフベント作業の時にあらかじめケーブルを屋根に出しておきました。

IMG_1135 (コピー)
正確に位置決めしていきます。
一人作業ではこれが意外とタイヘンでした・・・
右側から左側からとスケールで測りながら移動しまくりです。(^^;)

位置が決まったらドリルで穴をあけていきます。

IMG_1139 (コピー)
ブラケットの裏側にはスリーボンドの液状ガスケットを塗っておきました。
これいつも仕事で使ってるやつです。
金属製カバーなどの張り合わせ部分に使用してます。

IMG_1142 (コピー)
リベットでバシュ!っと留めていきます。

実は安物のハンドリベッターを使ったらいきなり壊れました・・・
急遽エアーリベッターを借りてきました。

天井内貼りが外せればボルト・ナットで固定なんでしょうが、
外側からのみの作業になるのでリベットでがっちり留めます。
タッピングビスではちょっと心配かな・・・

IMG_1180 (コピー)
コーキング作業です。
防水はしっかりと・・・雨漏りはシャレになりません。



IMG_1213 (コピー)
IMG_1209 (コピー)
とりあえず外側だけ完成です。
お~さらにキャンピングカーっぽくなったぞ!!

IMG_1211 (コピー)
ブラケットは屋根形状に合わせて若干曲げ調整してあります。

IMG_1210 (コピー)
配線取り入れ口はミゼットベンチレーターをリベットで固定しコーキング処理しておきました。


この後がなかなか忙しくてしばらくほったらかし!

だったんですが・・・(>_<)

やっと車内の作業も終わったので次回記事にしますね。


(おまけ)
ソーラー付けちゃうと屋根の洗車ができませんよね。
IMG_1132 (コピー)
作業前にピッカピカにボディーコーティングしておきました。
屋根だけ!ですけど・・・(#^.^#)

ルーフベント取り付けました! ②

前回は天井に穴をあけたまま帰宅しましたが今日はその続きの作業です。

IMG_0931 (コピー)
IMG_0989 (コピー)
緩衝材と間違って捨てちゃうとこだったガスケットなるものを付けます。
ただボディー形状が凹凸なのでカットしてシーリング材で貼り付けました。
シーリング材の量を増やすために幅を少し細くしてみました。

これ無くても...全部コーキングで埋めてしまってもいいんですけどね~
でもいざ外すときに地獄を見そうなので・・・
コーキングの深さはカッターナイフで切れるくらいがちょうどいいのでは?と思います。

IMG_0993 (コピー)
ベント本体の裏側にもシーリング材を薄く塗り取り付けます。
下穴をあけて付属のタッピングビスで固定していきます。
隙間があるので締めすぎるとベント本体もボディーも変形しちゃいますよ・・・

IMG_1003 (コピー)
固定できたところでコーキングです。

マスキングテープが替わってるでしょ?
実は用事ができて翌日に持ち越したのでマスキングをやり直しました。
いろいろ忙しいのです・・・

IMG_1004 (コピー)
一応プライマーを塗っておきます。
コーキングの密着をよくする下地です。シーリング材にあったものを使いましょう。
プライマーは30分以上乾かします。

でもこれは別に無くてもいいと思いますよ。
私は自宅のDIYで使ったのをたまたま持っていただけです。

IMG_1009 (コピー)
シーリング材注入!!
空気入れないようブチューっと打ち込みます!

IMG_1007 (コピー)
コーキングヘラで仕上げていきます。
※マスキングテープは乾いてからはがします。

IMG_1258 (コピー)
ネジの部分もコーキングしておきます。
本体色に合わせて白にしてみました。


やっと上だけ完成だ~
この時点でもうかなり満足・・・(^-^;



次は車内の作業です。

IMG_1006 (コピー)
中からタッピンングビス部分もコーキングしておきます。
ネジの緩み止めにもなりますね。


IMG_1050 (コピー)
天井裏のフェルトを元に戻していきます。
けっこう剝れてます。フェルトがない個所もありました。
ちなみにツワーズワイドの天井は断熱材じゃなく純正のフェルトのみなんですよ。

IMG_1051 (コピー)
IMG_1054 (コピー)
二トムズの両面テープで剝れたフェルトを貼っていきます。
天井をカットした時に切り取ったフェルトも使って隙間なく埋めておきました。


IMG_1091 (コピー)
次は配線作業です。
電源だけなので延長用に用意した配線につなぎます。

IMG_1042 (コピー)
話が飛びますが今回ソーラーパネルも取り付けます。
配線だけ一緒に通しておきたいと思います。
ソーラーパネルの取り付けはまた今度記事にしますね。

IMG_1044 (コピー)
配線が2本あるでしょ?
左がルーフベント、右がソーラーパネルの配線です。
ボディ内を通すので保護チューブを被せます。

IMG_1045 (コピー)
テールランプのところから配線が出てるのわかります?
ここまで通して配線を下に引き込みます。

OMCさんで架装時に天井を通した線もここを通ってました。
たぶんサブバから左側のメインスイッチにいってる線だと思いますが・・・

けっきょくリヤの棚も外すことになっちゃいました。
架装された車は配線の取り回しがほんと大変ですね。
だんだんバラバラになっていく・・・(>_<)

IMG_1090 (コピー)
6連スイッチがまだ2つ余っているので今回はここから電源をとりました。
ファンタスティックファンはMAX3A程度なのでここからでも問題ないでしょう。


最後に天井のLED照明の取り付けですね。
元々照明があったところにルーフベントを付けたので場所をずらして取り付けます。

IMG_1099 (コピー)
IMG_1098 (コピー)
今まで付いていたのより小さい48LEDタイプをキャンカーショーで購入済みです。
同じ物のサイズ違いです。
理由はリヤベッドにしたとき天井との距離が近いので眩しいな~って感じたからです。

それと発砲PPシートをホームセンターで購入です。
照明より少し大きめにカットしておきます。

IMG_1100 (コピー)
今までは天井に化粧板が固定してあってそこに照明が取り付けてありました。

今回は天井内貼りに照明を直接固定します。
内貼りだけではネジがあまりきかないので少々不安・・・
裏側に発砲PPをおいて内貼りを挟んでタッピングビスで固定します。
コレ軽くてネジもきくのでDIYでよく使う部材です。

IMG_1113 (コピー)
もとの配線につないで照明取り付け完了です。

IMG_1101 (コピー)
ルーフベントのカーバーを付けて中も完成です。

IMG_1204.jpg
あとは内装を元に戻しておしまい・・・
って言いたいところですがこれがけっこう大変だ~

この作業の時にルーフベントで換気しながらやってましたがほんと涼しいですね!
感想はお出かけ記事でまた報告したいと思います。



今回私はDIYでの取り付けに踏み切りました。
でもこういう作業はやっぱりプロがやったほうがいいと思いますよ。
水漏れや電気のトラブルなどちゃんとした業者がやれば保障もあるだろうし・・・
なので安心できますよね!

DIYは自己責任ですからトラブルも自分でなんとかせなばなりません。
私みたいにわざわざこんな面倒なことを楽しんでいるやっている人種は別ですが・・・


あとオフ会やキャンプなどでOMCのお仲間さんに車両をじっくり見せてもらい
いろいろ取り付けの参考にさせていただきました。

自分一人で考えてもできるもんじゃありません。
ほんと感謝、感謝です。 ありがとうございました。


つぎはソーラーですよ!太陽光パネルですよ!

でも実はもう取り付けは終わっちゃってます。 (^_^)v
あとはコントローラーを取り付けて配線を接続するだけなんですけどね・・・
それが忙しくてなかなかできませーん。

(おまけ)
IMG_1176 (コピー)
いろいろ試しましたが・・・
使いかけのシーリング材はサランラップを使うと長持ちします。

ルーフベント取り付けました! ①

先日購入したルーフベントの取り付けです。

今回は屋根に穴を開けてしまう大手術!
さぁ~気合入れてやるぜぃ!

IMG_0913 (コピー)
ファンタスティックルーフベント H4000R30W
詳細記事はこちら↓
http://tantan38.blog.fc2.com/blog-entry-145.html

IMG_0962 (コピー)
いつもの整備工場の一角をお借りして作業開始です。
この足場いいでしょ!
今回の作業のために借りてきました。(#^^#)

IMG_0950 (コピー)
ルーフベントの開口部は350mmの正方形です。
とりあえず中心と左右をケガキます。

IMG_0951 (コピー)
ハンドグラインダーで少し切れ目を入れました。
とうとう、天井切っちゃいました・・・汗 汗 汗

IMG_0953 (コピー)
ワゴンGLの場合サードシートのあたりの天井にエアコンダクトがあります。
天井が外せればはっきりとした位置がわかりますがリヤに棚があるため天井が外せません。

ものさしを入れて測量します。
正確な前後方向の位置が不明なので天井の梁の位置を調べます。

IMG_0954 (コピー)
小心者なので少し小さ目にカットします。

IMG_0955 (コピー)
ハンドグラインダーで切断したので天井裏のフェルトが燃えてました。
やべ~やべ~ (>_<)

IMG_0959 (コピー)
正確にケガキ終わったらジグソーでカットしていきます。

IMG_0960 (コピー)
ミドルワイドは梁(フレーム)の切断はさけられません。
グラインダーもジグソーも刃が届かないのでここは金ノコで切断しました。

IMG_0961 (コピー)
パックリあいちゃいましたね~

IMG_0964 (コピー)
最後にベルトサンダーで仕上げていきます。

IMG_0968 (コピー)
ルーフベントが350mmなので352mmでカットしました。
切断部にさび止め塗料を塗っておきました。

IMG_0971 (コピー)
上から四隅に千枚通しで印をつけ中からカッターナイフで天井をカットします。
エアコンダクトの位置から4センチ・・・ねらい通りの位置でした、OKです。

IMG_0973 (コピー)
オープンしたぜ! なんかうれしい・・・

IMG_0965 (コピー)
ルーフベントのっけてみました。
お~いい感じ・・・(*^-^*)
ここで本日の作業は終了です。あ~つかれた・・・

なんかキャンピングカーみたい!
続きは明日・・・
プロフィール

mugio

Author:mugio
むぎお と申します。
妻と3人娘の5人家族です。
わが家はお出かけが大好きです。
毎年キャンプもやってます。
キャンピングカーに興味をもって…いっぱい悩んでついにツワーズワイドを手に入れてしまいました。
今のうちに子供たちをいろんなところに連れてってあげた~い。
それでプログ初めてみました。
購入からお出かけ日記、ハイエースDIY&快適化などいろいろ思いついたこと書いていこうと思います。
(愛知県発)

最新トラックバック